畳(たたみ)

タタミといえば、表(ござ)をイメージするかと思いますが、本来畳とは畳床・畳表・畳縁 を組み合わせて「畳」となります。

畳イメージ図

畳工事の種類は3つあります。

1. 新畳(畳替え) は 床・表・縁 すべてを新しく。
2. 表替え は 表・縁 を新しく。
3. 裏返し は 今使用している畳表を裏返し、縁を新しく。

※価格につきましては料金表をご参照ください。


床の種類(写真)
藁床
【藁床】
稲わらをつかって作られる畳床。

建材床(Ⅰ型)
【建材床(Ⅰ型)】
ボード(木材チップ)をつかって作られる畳床。

建材床(Ⅲ型)
【建材床(Ⅲ型)】
ボードの間にポリスレチレンフォームをはさんで作られる畳床。

表の種類(写真)
いぐさ表(麻)
【いぐさ表(麻)】
経糸(たていと)に麻糸を使用した畳表。
表に厚みがあり、耐久性にも優れている。
【いぐさ表(糸)】
【いぐさ表(糸)】
経糸に綿糸を使用した畳表。
麻表に比べると、厚み耐久性ともに劣る。
いぐさ表(目積)
【いぐさ表(目積)】
通常の畳表よりも織り目の細かい畳表。
縁なし畳に使用する場合が多い。
和紙表
【和紙表】
和紙でできた畳表。
天然のいぐさとは違い変色はしないが、いぐさ本来の香りはしない。
和紙表(カラー)
【和紙表(カラー)】
従来の畳表とは異なる織り方、目積織り、綾織りにカラー色の畳表があります。 縁なし畳を施工する際に使用するのが一般的です。
【琉球表】
「七島い」と呼ばれる特殊な畳表。
縁なし畳は本来この琉球表を使用して作られる。

▲ページトップへ

 
  • トップ
  • 会社案内
  • ご挨拶
  • 畳(たたみ)
  • ござ
  • 料金表
  • ご注文の流れ
  • 工場の様子
  • 畳のお手入れ
  • お問合せ
  •